スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムドー入りハイブリッド雨 - 4/14委員会オフ使用構築

n186.gifn230.gif
n227.gifn91.gif
n637.gifn286.gif


このたび、4月14日に開催された委員会オフへ参加させていただきました。
参加者数は34名で、4リーグ中、一位二位抜けで決勝トーナメントへ進めるのが8名ということでした。

対戦オフというものに参加するのがはじめてだったこと、また前日に構築まわしすぎて寝不足だったことで疲労困憊だったんですけれども、
楽しくポケモンする機会をいただけてほんとうに嬉しかったです。

ぼくの所属していた『水』チームには、もちさん、ハタケさん、ニレさん、ねおんさん、内定ゲッターことヒデキさん、命中70%さん、平成生まれさん、ぎるべいださんがおられました。
あらためまして、対戦ありがとうございました。

リーグのほうでは、
7勝1敗(8戦中)
予選一位として決勝トーナメントに進出することができましたヽ(*´∀`)ノわあい
はじめてのオフ参加で好成績をマークできてすごい嬉しいです。

決勝トーナメントでは、炎グループ2位通過のアッキーラさんとマッチングしました。
試合内容については後述しますが、ラストの攻撃を乱数でミリ耐えされてしまい
敗北する、という鍔迫り合いの攻防でした。
やりたいことやって負けたので悔いはありません。
でもぼく目立ちたがりやなのでキャスで対戦配信みてほしかったからちょっと残念でした。






ということで、今回使用したパーティをつらつら書いていきます。



n186.gif
●ニョロトノ
197-x-105-143-120-92@しんぴのしずく
なみのり ハイドロポンプ ほろびのうた アンコール

なみどろしずくトノ。脱出トノがメジャーになった昨今、一周まわってトノで殴る時代がやってきている!
という個人的な感覚がありますが、しんぴのしずくにはきちんとした採用理由があります。

まず、構築単位で重い重火力アタッカー(主にローブシン)をハイドロポンプ一撃で吹き飛ばせること、安定打としてのなみのり、またクレセローブのならびを見たときに、受け出しで出てくるクレセに対してなみのりから入り、次ターンのトリックルームに先がけてドロンプを当てることにより、クレセにオボンを発動させないまま仕事をさせずにもっていくことができます。
後続が積みやすい環境をつくるためのアンコール、ほろびのうたは準積極採用。

今回使用した構築内ではキングドラが物理型のため、ニョロトノがC方面に厚くなおかつ高火力を持てることが必要であり、そういった面ではDに薄い低速ポケモンに圧を与えられるこのニョロトノの採用は決して間違っていなかったな、と思いました。

改善点としては、いっそのこと、もっとがっつりCSベースにして上からアンコールできるようにしておけばよかったな~と思いました。S118くらいほしかったです。珠ッサムを上から縛りたいかも。
ちょっと振りなおして今度運用してみようと思いますね。

n230.gif
●キングドラ
151-161-115-x-115-137@ラムのみ
みがわり げきりん たきのぼり りゅうのまい

ほんとは火力アップアイテムがほしいけど、化身ボルトが重すぎるからラムは必須、外せません。はやいラムみがわりはつよいのだ。
ムドーからの展開でピン選出する機会の多いこのパーティのエース。
この子が雨下でもそうでなくてもエースとして機能することから、このパーティをハイブリッド雨と名付けました。
今回の委員会オフではカバドリのKPが少なかったのですけれども、たとえばvsカバドリの場合には
エアームド+パルシェン+キングドラ
という選出を行い、ムドーのちょうはつでカバを止めて、まずキングドラで舞ってカバラティの並びを見て、ドリに倒されたら今度はパルが出てつらら+つぶてで縛る、という選出にします。
ニョロトノの選出を縛られないのがこの構築の強み。

ほんとはスイクンを誘って、スイクンを起点に龍舞を積めるように、Cにちょっと振られたスイクンのれいとうビームをみがわりが耐えるくらいまで振ってガン積み系で行きたいと思っていたんですけれど、Aは削りたくないしS削るのはそれ以上に無いしで結局ASぶっぱになりました。それでも等倍相手に舞から入れるのは強いなーと思いました。
物理グドラは範囲や逆鱗ロックが怖いって意見をちらほら見ますが、水+ドラゴンの補完は相性的に優れてて、なおかつS操作ができることにより一貫性が取りやすくて、個人的に使ってて楽しかったです。もっと煮詰めていきたいです。

n227.gif
●エアームド
171-101-161-x-91-134@レッドカード
ステルスロック ほえる ブレイブバード ちょうはつ

このパーティの肝です。9戦中8戦選出し、すべて初手に出しています。
ステロ撒いて相手のS判定を行い、とんぼがえりに先駆けてブレバで散ってガモスの起点をつくったり、ほえまくって起点回避したりちょうはつで起点構築したりと仕事人です。
キノガッサに同速対決を挑むため、Sは最速をとっています。

また、S補正をかけていないバシャーモにブレバでテロを仕掛けたりすることもできます。まぁ実際のところこれは運なんですけれども、どうしてもバシャが辛い選出をしちゃったりしたときにはワンチャンにかけてvs初手バシャの対面でブレバから入ることはありますね()

また、Hにがっつり振ったブシンに対して無振りブレバが約半分くらい入るので、キングドラや破ってないパルで狩りきれないところをゴリっと削る意味でも高火力のブレバで正解だったと思います。
もちろんがんじょうを大切にしたいから、打つ場面はしっかり考えないといけないな~と思いましたけど。

n91.gif
●パルシェン
146-161-200-x-65-102@いのちのたま
こおりのつぶて つららばり ロックブラスト からをやぶる

グライオンやマンムー、ギャラドスなどの弱点を突かれにくい物理を軒並み破りの起点にするHAベースの珠パルです。舞いどころさえ間違えなければ破って無双できます。珠パルの火力は有名ですが、たとえばバンギやナットなどが確定で持って行けたり、破りつぶてでボルトが落ちたりと、起点構築さえできれば雨で苦手な相手を苦もなく吹き飛ばせます。
見てのとおりこの構築は受けループに対してゴリ押しするしかない脳筋仕様なんですけれど、そのゴリ押し要因が主にこいつですね()
特にヤドラン入りの構築に対してほんと薄いので、一時はこのパルをめざ草ドロポンの特殊型にしようかな~と考えたんですけれど、ナット落とせなくなるのとボルトやドラゴンに打つ礫を切らないといけなくなることと天秤にかけて、「ま、まぁキノガッサ入れてるから出てこんやろ(震え声)」って感じで甘えました。

予選で受けループにマッチしなくてよかったですヽ(*´∀`)ノ
今の環境、どうしてもパルから礫を切れないんですよねぇ・・・。

n637.gif
●ウルガモス
167-x-90-194-125-152@むしのジュエル
むしのさざめき かえんほうしゃ めざめるパワー氷 ちょうのまい

裏選出を行う場合の肝。今回はシャンデラにこの子を死に出ししてめざ地を匂わせ、後続でカイリューが受け出しされる一点読みでのみめざ氷を使いましたが、カイリュー吹っ飛ばしてほぼ勝ち確定をいただけたので採用しておいてよかったですヽ(*´∀`)ノ

最近のめざ氷ガモスは臆病が多く、実際にぼくも臆病でSを162まで伸ばしためざ氷ガモスを入れていましたが、回していくうちにめざ氷を打ちたい相手、ひいてはガモスを刺したい相手がせいぜい雨に出てくるカイリューだったりハッサムだったりと、臆病にする必要性があんまりないな~と感じたのがあって、それならいっそひかえめにして、HとBのラインをちょこっとあげて火力とるか~、って考えました。
実際困ることは無かったです(ガモス出したの1,2戦だけだから何とも言えない)

n286.gif
●キノガッサ
155-151-112-x-80-134@どくどくだま
ビルドアップ ローキック キノコのほうし みがわり

見せポケ。一度も選出しておりません。この子の存在で選出を縛って、下からパルガモスの舞の起点にできる相手を探ります。この子が見せあいにいなかったらきつい子ばっかりポンポン出てくるんですよね~。
今回はカオスな構築うごめく関西オフということで、きっとこの子は刺さらないだろうと思いながらも採用しました。実際、お相手さんの構築にボルトがいたりマンダガモスがいたり、シャンデラが多かったりで見せあいの時点から詰まされる子が多くてとても選出できませんでした。
ただ、受けループやカバドリの使用者の方は絶対にここを意識してくるので、基本選出を形作る上で必須の駒だな~と思いました。










コンセプトは「雨選出もできる積みリレー構築」であり、「積みリレーができる雨構築」です。
いろいろなポケモンを試したんですが最終的にこんな形になって、気がついたら600属や準伝がおらず孵化のみで構築可能なお手軽なものになりました。
平均種族値が500ちょいという衝撃ヽ(*´∀`)ノ

ただ、個々の単体性能が突出しているポケモンで固めているため、クセは強いものの、一旦起点構築を行えば
止まらないポテンシャルを秘めた構築だと感じました。

ほんとに簡単に作れちゃうのでみなさんもよかったら真似してみてくださいヽ(*´∀`)ノ
レートや大会は準伝600属ばっかりでつまらない~とか敷居が高い~って思い込んでる人にもこういう構築があるんやで~ってことを教えてあげたいかもヽ(*´∀`)ノ


この構築を使った最高レートはいまのところ1697ですが、もっと煮詰めて良い成績を出したいです。

また、この前この構築で出場したチーム戦では個人3-1で予選を決勝に上がったあとトナメ2回戦で負けちゃいましたが、この構築の原型を見直すいい機会になりました。


ほんとは対戦ログまでちゃちゃっとかこうと思ったんやけどねむすぎるからまた改めてきちんと書きます。とりあえず構築はこんな感じです。
ここまで見ていただいてありがとうございました。
長くなっちゃったんで対戦ログは別の記事として投稿しますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

参考にさせていただきます!
プロフィール

てのり

Author:てのり
激しい音楽が好きです。
小説も書いて新人賞に投稿したりしてます。
ときどき動画もあげてます。

カテゴリ
twitter
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。