スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモンBW2】メモ:ラプラス

最近ニコ生の大会とかレートとかで回してる子。
ただのメモです。そんなに強くないと思う。
再三言うけどあくまでメモやから文章は適当。
適当やけど考察自体はガチやしレートとか大会で使ってるのもマジ。

th.jpg

種族値:130-85-80-85-95-60
特性:シェルアーマー ちょすい うるおいボディ

一見数値高いけどタイプつよいわりに火力がないな~と思った
でも考えとしては「相手の攻撃を一発耐えて返しを広範囲で行う」ということが強みになるんじゃないかなって思ったから耐久調整を重視した。ただ、すこぶるHPが高い分BとかDとかにどう振り分ければ求める耐久を得られるかを考えるのがしんどかったしここのラインはまだ確定できてない。


とりあえず採用するにあたって考えたのは次の項目。

①カバドリラティに対して初手で置ける。
カバドリラティなんちゃらかんちゃらみたいな構築はとりあえず選出画面での初手択の押し付け合いがめちゃくちゃあって、一部のひとは「強者は長考して結局ラティカバドリ選出」みたいに言われてるけど、そこにある程度安定させて選出できるのが強いんじゃないかと考えた。

ユキトドの並びを組んだあと、カバドリに対して初手に眼鏡トドを置いて半壊させる~みたいなギミックは有名だけれど、同じような耐久数値に加えて技の選択肢も多いラプラスにも同様の選出形態がとれるんじゃないかなという考えから始まった。

ちなみに、ラティの眼鏡りゅうせいぐんをオボン込で余裕の1.5耐えできるし、ドリュウズ対面ではなみのり+こおりのつぶての処理ルートが持てる。


②雨にも出しやすい。
2パターンある。
・特性を貯水にすれば、ねっとう1ウエポンのニョロトノとかスイクンに対してウエポンを封じつつ、こちらからは電気技を持つことによって打点を稼げる。キングドラも竜技しか打てなくなるからダメージで眼鏡かどうかを判断して、裏の鋼で受けてやりたいことができたりする。

特性をうるおいボディにすれば、雨下に置いてキノガッサの起点にならない。
うるおいボディは、ターン終了時に状態異常が回復するから、雨にときどき入ってるハイブリッドガッサとかポイヒガッサとか、甘えて胞子剣舞しようとしてくるやつらの起点にならない。
あくまで胞子を受けたターンは眠っているから、れいびを選択し続けてもPPは消費されない。
もしみがわりされまくっても、雨なみのりで楽々とみがわり割れるから、どこかに合わせて1回なみのり合わせればそこでPP的に優位に立てる。

ちなみに瞑想れいびでごりおしてくるスイクンを相手にした場合、ねむかごやったら電気技連打して素眠りまで追い込んでから裏の物理ポケモンで上から二発で落とさないとめちゃくちゃきつい。だから、いくら電気技を持てるからといってスイクンの相手をこいつに一任してしまったら絶対にボロが出るからそれはやったらダメだと思う。


③相手の起点回避を行いやすい。
前述のとおり、この子はかみなりおよび10万ボルトという形で電気技を持つことができる。
また、Bのラインを挙げればカイリューの1舞逆鱗もしっかり耐える。
これによってなにができるかというと、パルシェン、ウルガモス、カイリューなどの積んでくる顔してるポケモンの前でニコニコしながら起点回避できる。
(キノガッサは前述のとおり、ラムカゴを持たない場合は雨+うるおいボディじゃないと無理)
あと、ウルガもギガドレマンだと無理。普通に押し負ける。


パルシェン対面→ロックブラストを一発耐えて返しの10万(+こおりのつぶて)で確定。
ウルガモス→CSぶっぱのさざめきとかも余裕もって耐える。なみのり連打マン。正直あんま相手にしたくない。
カイリュー→目の前で思考停止れいび連打マン。

こんな感じ。スイクンとかだとパルがSを落としてる場合ねっとうやけどとかめざパ採用じゃないと押し負けちゃうけど、この子は技スぺ無駄にしないままパルに打点が持てる。


④ぜったいれいど.exe
これを持つことによってラッキーとかそのへんをアヘ顔にできる。
ただ、Sを振ってるラッキーに先手みがわりとかされたらお話にならないし、れいどスイクンを相手するためのみがわりラッキーとかも普通にいるから、安定はしないなと感じた。一応れいどとかいう最強技をこいつも持てますよ、というお話。

あと、ボルトロスに対面で勝つこともできる。ある程度のDラインをとれば帯10万とか珠10万とかを耐えられるから、れいび+つぶてで確定がとれる。

ちまたで流行りの電気ジュエルボルトとかいうのはご勘弁願いたい!


以上のことから、ラプラスに必要なのは、しっかりと仮想敵を定めてその一致技をしっかりと耐えきり、かつ返しの技選択に汎用性を持つことだと考えた。
この考えからいくと、
・足りない火力をカバーできる「こおりのつぶて」の採用は必須。
・水技、氷技で2枠必要。
・対水に打点を持てるよう電気技が必要。

……あれ、技スぺ埋まるやん?





とまあ、こんな考えをもとに適当に調整してみた。

実数値212-94-113-128-150-81
持ち物:オボンのみ
技:れいとうビーム なみのり 10万ボルト こおりのつぶて
性格:おだやか 
特性:うるおいボディ
配分:52-0-100-180-172-4


耐久の目安
【B方面】
○A204カイリューのA+1げきりんを確定耐え
○パルシェンの珠ロックブラスト急所1発込み確定耐え

【D方面】
○ラティオスのC182眼鏡りゅうせいぐんオボン込1.5耐え
○C205ウルガモスのジュエルオーバーヒート確定耐え
○C177帯ボルトロスの10万ボルト確定耐え

【攻撃面】
なみのり+こおりのつぶてでドリュウズ確定
れいとうビーム+こおりのつぶてでラティオス確定(メガネトリックから入られた場合は確定1発)
H147パルシェンを10万ボルトで確定
れいとうビーム+こおりのつぶてでH167ボルトロス確定

ツモって育ててみて思ったのが、実数値がまじでバイヤー。
性格をおだやかにしてみた理由としては、Sをちょこっと振ってるローブシンとかに抜かれるのが癪だったから。でもそもそもローブシンに対してこいつが突っ張ることなんか稀やし、性格をなまいきにして、Aを無補正にしてこおりのつぶての威力を上げたほうがいいと感じることが何度もあった
そっちのほうがラプラスの種族値を無駄にしてない感があって綺麗だし。


再調整案→実数値:212-106-113-128-150-72
なまいきだとこんな感じになる。こっちのほうが強そうやな(白目)
バンギには根本的に押し負けるし、Sに下降かけたところで「相手の攻撃を一発耐えて、返しに広範囲をとる」というコンセプト自体は変わっていないから、たぶんこっちでもじゅうぶん機能すると思う。

スイクンみたいに水のジュエル+ハイドロポンプとかでカバルドンを吹き飛ばしてもおもしろいかなと思ったけど、ドリュウズ対面で水技を打たなければならない場面が絶対に来るし、その場面での外しは許されないから、裏にあくびループを抜ける保険をかけつつ一致抜群2回攻撃で押していくほうが賢いだろうと考えてる。そもそもスイクンとラプラスってまったく違うポケモンやし、あとラプラスだと火力が絶妙に足りない。ジュエドロやろうとおもったらC上昇補正がいるし、そうなると実数値が下がって心許なくなる。


あと、もっと根本的な調整として、Hの実数値を引き上げてよりBとDに厚くできないかなって考えてる。Hを218にしてみたり226にしてみたり232にしてみたり、いろいろ。
ここらへんのラインの調整がめんどくさすぎておざなりになってみるけど、回してみてこの子のおかげで勝てる試合はびっくりする程度にはけっこうあるから、積極的に考えていきたいなーと思った。


なんか良い調整案あったらまた教えてください。こんな感じです。
見てくださってありがとうございました。
変な考察やったでしょ、さあ鍵垢でディスってくれ!!!!!!!!!11111

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

てのり

Author:てのり
激しい音楽が好きです。
小説も書いて新人賞に投稿したりしてます。
ときどき動画もあげてます。

カテゴリ
twitter
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。