スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PDF杯使用構築】ラキクレセ空幻ループ【vsてつぼうさん】

※本記事はポケットモンスターBW2実況者大会「PDF杯」で使用した構築の紹介となっております。
 当大会にはパートナーズルールが採用されており、構築はそのパートナーズに準拠したものとなっております。

また、本記事におきましては動画内容や試合結果のネタバレが含まれる可能性が大きくなるであろうことをご了承ください。

未視聴の方へ→PDF杯予選二戦目:vsてつぼうさん


☆他の試合での使用構築(構築名をクリックで構築解説記事へjump!)
1戦目【vsYouTaroさん】→愚形脱出雨トノグドラムドー
2戦目【vsてつぼうさん】→ラキクレセ空幻ループ(本記事)
3戦目【vsb-999さん】→バンギムドー偽装竜舞バンドリ
    ↑動画リンクあり



使用ポケモン
●キュウコン ひでり@オボンのみ   NN「Unearth」
・だいもんじ ・ソーラービーム ・めざめるパワー(地面) ・めいそう
●クレセリア ふゆう@ゴツゴツメット NN「アリス」
・つきのひかり ・サイコキネシス ・れいとうビーム ・めざめるパワー(炎)
●キノガッサ ポイズンヒール@どくどくだま NN「レイジ」
・キノコのほうし ・みがわり ・きあいパンチ ・やどりぎのタネ
●ラッキー  しぜんかいふく@しんかのきせき NN「エリリル」
・どくどく ・ステルスロック ・ちきゅうなげ ・タマゴうみ
●ウルガモス ほのおのからだ@ラムのみ NN「Medller」
・だいもんじ ・めざめるパワー(氷) ・ギガドレイン ・ちょうのまい
●ガブリアス すながくれ@きあいのタスキ NN「Distorted★」
・ステルスロック ・じしん ・げきりん ・つるぎのまい


★パーティコンセプト★
→キュウコンクレセラッキーの形を取ることによって天候アドバンテージをとりつつサイクルを回す
→相手のパーティにほころびをみつけ、そこに腹パンガッサを突っ込んで起点作成し全抜きを狙う
→ガブリアスに襷を回すことによって対ドラゴン性能を上昇させる
→キュウコンとウルガモスの型をスイクン意識にすることで安易に選出された水ポケモンをカモにする


●キュウコン
実数値:159-x-95-122-120-167
・だいもんじ ・ソーラービーム 
・めざめるパワー(地面) ・めいそう

ニックネームの由来は7弦ギターピロピロしちゃう系のテクニカルメタルコアバンド、Unearthから。
めざめるパワー地面を採用しているから語感いいかなぁと思ったんですが、Unって否定だったっ気がする()

キュウコンクレセに採用されるキュウコンとは少し考え方の異なるキュウコンです。わるだくみソーラービームや眼鏡オーバーヒートなどのほうがキュウコンの特性を活かした瞬発的な火力を求められるとは思いましたが、いかんせんこれらの技はぼくの性に合わなくて、試行錯誤の結果、耐久に振って先制瞑想とオボンで水ポケモンを起点にしてみようか、という発想になりました。
上記の型に比べて火力が無い上に積みスピードも速いとは言えないので遂行速度は遅いですが、裏にラキクレセというサイクルを回す上で数値のしっかりしたポケモンが控えているためにこの型を採用するに至りました。

また、ガブリアスやキノガッサを見ての氷ポケモンの選出に強気に出られますし、あわよくばその氷ポケモンを起点にして瞑想をし、後続へ圧をかけていくこともできそうです。

キュウコンのS調整について、おくびょうで最速ドリュウズ抜き90属抜かれの155を取って、残りをH調整、余りDという形にする方が多いのは存じ上げていますが、ぼくは100属のポケモンが90属に抜かれて有利を取られることが面白くないので最速を取っています。
上記の例で言うと、たとえば
・相手の最速ルカリオがインファイト→しんそくのながれでキュウコンを落としてくる
・相手の最速ドレディアが大文字外しワンチャンに賭けて眠り粉を打ってきて何もできないまま起点にされる
などなど。
どくまもみがキュウコンには無い火力&耐久アップを図る最速瞑想キュウコン。まだまだ改良の余地はありますが、もっとうまく使いこなしてあげられればな、と考える日々。


●クレセリア
実数値:223-x-181-97-150-114
・つきのひかり ・サイコキネシス 
・れいとうビーム ・めざめるパワー(炎)

キュウコンの苦手とする岩、地面、竜に対する数値上の補完の役割を担うサイクルの一角。
晴れ月光はチート。以前記事に興した個体と同じ子ですが、こごえるかぜをれいとうビームに変更して、ドラゴンへの遂行速度を上げました。(それにこごかぜは大事な場面で外す)

相手に殴らせてゴツメと特殊技で削って、削られたらつきのひかりで4分の3回復して相手に絶望を味あわせるドS。

個人的に、クレセリアは処女だとおもいます。


●キノガッサ
実数値:155-151-101-x-92-134
・キノコのほうし ・みがわり 
・きあいパンチ ・やどりぎのタネ

NNの由来はパーティデスコアバンドATTILAのアルバムトラック「Rage」です。de-de-dededededede-

昔まだ孵化乱数ができたころに作った個体。長らく存在を忘れてて、W1のボックスの海を漁ったらなんか知らんけど居たので引っ張り出してきました(((
使い方は簡単です。
有利対面でほうしを打って眠らせる→みがわり→やどりぎのタネorきあいパンチ
この前クリスマスカップでHAっぽいアルセウスをトリルみがきあで殴り殺したのでやっぱりこいつのきあパンはめちゃくちゃ強いです。
後ろにボーマンダ、カイリュー、サンダー、ヘラクロスが見えたら、いったん胞子を打とうとする手を止めてみがわりから入ってください。
相手がこだわっているっぽかったらその対面で胞子を打てばいいですけれど、どっちつかずなら安定打のやどりぎが正解です。

特殊型の催眠対策ポコモンに対してやどりぎを打つ→みがわり壊される、この流れの次にやることは、きあいパンチを打つことです。
相手がやどみがを嫌って引いてくるなら後続に負荷がかかりますし、そのままつっぱってきて落としてもらえれば、やどりぎの回復と合わせてガモスやガブで舞ったりキュウコンで瞑想したりできます。

ねごと持ちっぽいマンダやラムっぽいカイリューにはやどりぎ撒いた後はクレセに託しましょう。やどりぎはめちゃくちゃ便利です。


●ラッキー
実数値:319--x-62-x-134-91
・どくどく ・ステルスロック 
・ちきゅうなげ ・タマゴうみ

NNの由来はエロゲ「&~空の向こうで咲きますように~」内に登場する禁断の道具のうちのひとつ、遠眼鏡のエリリルです。エアームドの「リンギル」と合わせて、『わかるひとにはわかループ』として運用するつもりでしたがエアームドは本構築ではお休み。

なんとこの子、PDF杯で同じCグループになった記念として、funaさんからいただい(てしまっ)た厳選産の投げラッキー。

funaさんは神です(洗脳)

個体値の関係で天候ダメ最少を取りつつ、圧倒的な数値で相手の特殊ATを軒並みぼこぼこにします。
ただ、対策の取られやすいポケモンではありますので、相手がこの子をしっかり見ているであろうとみられる場合には思い切って選出を切りましょう。

ラッキー対策枠のポケモンにはタスキガブやゴツメクレセが刺さります。
また、205みがわりめいそうスイクンもラッキーを起点にしようとドヤ顔みがわりをかましてくるので、キュウコンやガモスでこちらからも起点にしてしまいましょう。ただ積みまくってからスイクンに吠えるされたらアヘ顔なのでご利用は計画的に。キュウコンに吠える仕込むのもありだと思います。その場合めざ地を切ることになるから別の相手(ドランとかシャンデラとか)がしんどくなりますが。

ラキクレセ、ラキガモスの並びを相手に意識させることで選出誘導にもなりますし、ガッサとあわせて見せ合いの画面から相手に負荷をかけられる強いポケモンの1つです。
funaさんほんとうにありがとうございました。あなたのおかげで勝てましたよ( ◠‿◠ )うーむ


●ウルガモス
実数値:161-x-85-205-125-152
・だいもんじ ・めざめるパワー(氷) 
・ギガドレイン ・ちょうのまい

NNはメタルコアバンドAugust Burns Redの曲「Medller」です。かっこいい。

水を起点に舞える炎タイプでお馴染みのウルガモスちゃんです。強い。
さざめきを切る事によってこのパーティ内でランクルスやクレセリアが重くなりがちなのですが、そいつらはめいそうキュウコンでなんとかできないこともないのでこのまま運用しています。言うて晴れ舞文字は異常な火力を持ってる。

スイクンを起点に舞ってギガドレでしゃぶった後に、文字とめざ氷を打ち分けられる子です。舞ジュエルめざ氷でカイリューのマルスケを貫通して確一を取れるんですが、ひとまず汎用性のあるラムを持たせたらなんとなくすっきりまとまりました。

ラティハッサムロトムの並びに加えてスイクン、ガブ、場合によってはカイリューに対しても強いのでこの技構成で間違いは無いと思います。強いて言うならギャラが重いけど、ギャラはクレセのサイキネでなんとかなると踏んでいます。
そんな感じ。


●ガブリアス
実数値:184-200-115-x-105-154
・ステルスロック ・じしん 
・げきりん ・つるぎのまい

やらかしてHに4振りこんじゃった形の184ガブ()()()
やけどダメ最大を取るというHPから挑発をしかける系男子です。NNの由来は電気式華憐音楽集団の楽曲「Distorted Pain」から。ゴア・スクリーミング・ショウのOPとしても有名ですよね。

最初はこの構築にスカーフガブリアスとしてこの子をつっこむ予定だったんですが、今のご時世ただ脳筋がごとく逆鱗で突っ込んでもなにかしらの起点になるだけやな、と踏鞴をふんで、それならA200の実数値からさらに舞って強引に相手をゴリっと削ったほうが賢いかな、と思って、いじっぱりの個体を剣舞ステロタスキガブへと流用するに至りました。
実際強かったです。今回の動画内での対戦では初手がうまくかみ合って襷を温存できたため、ラストの対面を襷ガブvsHP1ガモスという大変有利なものにすることができました。
素早さ実数値を甘えているためにてつぼうさんのガモスには先手を取られてしまいましたが、もしようきマンムーの地震を余裕持って耐えてから眠る「ネルガモス」にかち合ったとしても、じしん二連で落とせる、という状況にかかることができました。

試運転で「やっぱり癖があるけれど、舞える環境さえ作れたら半減関係なく持って行けるな」と思えました。
活躍の機会を与えることができてよかったです。




構築記事は以上となります。試験的なポケモンが多かった。これからの構築です。

つぎのPDF杯予選使用パーティ更新は、3戦目にして予選最終戦、b-999さんと戦ったパーティの記事になります。
雨構築→晴れ構築ときて、漠然と「次はノオーガブかバンドリかなぁ」と思って組んだ構築になります。ご期待ください。

さて、本構築はパートナーズ準拠とはいえ、まだまだ改善の余地がある、穴だらけのものなのですが、なんとか2戦目でCグループにさらに1勝をもたらすことができて幸いでした。
ここで予選ブロック勝ち越しを決められたのは本当に嬉しかったです。

多忙な中対戦してくださったてつぼうさん、ありがとうございました。バトルできてとても楽しかったです。

昨日の敵は今日の友。

バトルしようぜ、ポケモンバトル!

本構築が、どなたかのお力になれれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てのり

Author:てのり
激しい音楽が好きです。
小説も書いて新人賞に投稿したりしてます。
ときどき動画もあげてます。

カテゴリ
twitter
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。