スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PDF杯使用構築】バンギムドー偽装竜舞バンドリ【vsb-999さん】

※本記事はポケットモンスターBW2実況者大会「PDF杯」で使用した構築の紹介となっております。
 当大会にはパートナーズルールが採用されており、構築はそのパートナーズに準拠したものとなっております。

また、本記事におきましては動画内容や試合結果のネタバレが含まれる可能性が大きくなるであろうことをご了承ください。

未視聴の方へ→PDF杯予選三戦目:vsb-999さん


☆他の試合での使用構築(構築名をクリックで構築解説記事へjump!)
1戦目【vsYouTaroさん】→愚形脱出雨トノグドラムドー
2戦目【vsてつぼうさん】→ラキクレセ空幻ループ
3戦目【vsb-999さん】→バンギムドー偽装竜舞バンドリ(本記事)
    ↑動画リンクあり




使用ポケモン
●バンギラス すなおこし@ラムのみ   NN「おひなさま」
・りゅうのまい ・かみくだく ・ほのおのパンチ ・ストーンエッジ
●ドリュウズ すなかき@きあいのタスキ NN「BTBAM」(ブトバム)
・じしん ・いわなだれ ・つるぎのまい ・でんじふゆう
●キノガッサ テクニシャン@かくとうジュエル NN「LambOfGod」
・マッハパンチ ・タネマシンガン ・きあいパンチ ・つるぎのまい
●エアームド  がんじょう@レッドカード NN「DynaBlade」
・ブレイブバード ・ステルスロック ・ちょうはつ ・ほえる
●ブルンゲル のろわれボディ@たべのこし NN「ViViD」
・ねっとう ・れいとうビーム ・じこさいせい ・ちょうはつ
●ラティオス ふゆう@ドラゴンジュエル NN「BALDR SKY」
・りゅうせいぐん ・サイコキネシス ・トリック ・ひかりのかべ


★パーティコンセプト★
→バンギムドーの並びを相手に意識させてムドーで起点構築、バンギラスで舞う
→舞バンギラスに対して強く出てくるスカーフガブを起点にドリュウズが電磁浮遊→剣舞
→裏選出でラティガッサブルンの選出をすることにより対天候PT(特に雨)に強く出る
→ラティハッサム構築を疑似的にPDF杯登録パートナーズ準拠にした構築、ラティガッサを取り入れる


●バンギラス
実数値:175-186-130-x-121-124
・りゅうのまい ・かみくだく 
・ほのおのパンチ ・ストーンエッジ

思考停止ASぶっぱの竜舞バンギです。あまった努力値をHに振っちゃうと安定の天候ダメ最大×HP偶数調整になるため、Dに6振って11n調整にしました。美しい。

基本的には2番手に控えさせ、ムドーで起点回避をしつつ起点構築を行い、特殊ポケモンからの攻撃でムドーが落とされたところに死に出しを行い、恵まれたD方面の耐久値を基軸にゴゴゴゴゴゴっと嬉しそうに舞います。この時点で相手は絶望です。

例外として、ラティハッサムの並びを見た時には初手出しを行い、ハッサムのとんぼがえりに先行してほのおのパンチをぶつけて相手を事故らせることもあります。ラティはバンギとの対面を嫌うので、3体目にレドカムドーを
後出しして後続を見て、ラティオスだった場合そのまま倒してもらい、バンギの起点にして後続ごと吹っ飛ばす、ということもあります。さすがに机上論すぎますけど。

技構成に悩んだ結果ですが、ほかにも眠竜舞型や竜舞けたぐり冷凍パンチ型などのテンプレがありますが、その性質上攻撃技を命中不安定のエッジに頼るしかなかったのが少し嫌だったので、安定打としてのタイプ一致かみくだくを採用しました。ドリュウズにアイアンヘッドが無いために、ラティオスやゲンガーなどが少し重かったため、惰性ではありますがそこそこに納得しつつ採用しました。結果、技を外すことなく無双してくれたので安心しました。


●ドリュウズ
実数値:185-205-81-x-85-140
・じしん ・いわなだれ 
・つるぎのまい ・でんじふゆう

NNの由来は、テクニカルデスメタルバンドBetween the buried and meの頭文字から。

本パーティの地雷枠その2。舞った状態のバンギを上から叩いてくるスカーフガブやスカーフマンムーをピンポイントで起点にする電磁浮遊剣舞ドリュウズです。使わないときには使わない電磁浮遊ですが、ぼくは「浮いている鋼タイプは強い」信者なので、活躍させられるワンチャンを探るという冒険心も合わせて採用しました。
実際、お相手のガブが舞バンギを上から叩いてきた場合にはじしんを拘らせて電磁浮遊してアドを貰おうとおもっていたのですが、役割破壊炎技についでに焼かれてしまうのでアイアンヘッド採用しといたほうが賢明だったようにも思います()

今のご時世、ドリュウズはようき最速以外ありえない、と考えられる方も多いでしょうが、A特化のこの実数値には厨二心をくすぐられる破壊力があります。対ドリュウズ性能も、ワンチャン有利対面での後続を見越した電磁浮遊で対策を……できたらいいですね()()


●キノガッサ
実数値:159-200-101-x-80-98
・マッハパンチ ・タネマシンガン 
・きあいパンチ ・つるぎのまい

NNの由来はハードコアバンド「Lamb of god」から。この前ボーカルが殺人容疑で逮捕されたバンドです。さすがにハードコアすぎる。釈放されたらしいですが。

分かりやすく言うと、疑似ハッサム枠です。ムドーバンドリの選出にはかかわってこないため、ラティオスでの起点構築からの展開を意識しました。特に雨パに対する性能が高いです。参考までに、剣舞ジュエルマッパでH151-B115グドラを確定で殴り殺せます。本家ラムオブゴッドのボーカルも人を殴り殺した容疑で捕まっていたというシナジー。

きあいパンチはガッサ対面で逃げていく相手に対して交換読みで打ちます。舞っていなくてもジュエルきあパンとマッパでラティオスを殴り殺せます。つくづくキノガッサはかわいい。
Hを159まで伸ばして、ラティの壁から不一致弱点をきっちり耐えるようにした形です。Sは準速ローブシン抜きですが、テンプレの脱出トノもなんなく抜けるので重宝しています。ただ、やっぱりタネガンを打つ上でしっかりしたS実値が欲しい場面も確かにあります。


●エアームド
実数値:171-101-160-x-90-134
・ブレイブバード ・ステルスロック 
・ちょうはつ ・ほえる

NNは星のカービィシリーズのボス、ダイナブレイドから。同じくPDF杯参加者のむくれねこさんに頼んで、北米ROMで孵化していただいた個体です。それくらいこのニックネームを付けたかった。

通称DDムドーと呼ばれる型のムドーです。
基本的には相手よりも早くステロを撒いて、レドカで後続を見て吠えまくる。例外として、キノガッサにはブレバでつっぱる。
もしも裏にガモスやカイリューがおらず、相手がノオーを初手選出していた場合には、自分の裏の負担を考えてステロから入るかブレバで削るかを判断すればいいと思います。まあ、ムドーにつっぱってくるノオーってあんまりいない気がするけど。
のこり一枠はぶっちゃけ挑発安定です。はねをやすめるには耐久が足りないですし、他に入れたい技もないでしょうし、カバやタクンに挑発を入れて流せる時点でこの子はめっちゃ強いです。挑発は起点回避には必須の技。
詳しくは動画内で長々と解説()していますので、そちらを参照ください。

ぼくはポケモンの中ではキノガッサとエアームド、ムウマージ、アブソル、エルフーンなどが好きなので、よくこの子たちをギミックとして組み込んだパーティを組みます。好きなポコモンで成績を残すのは楽しい。


●ブルンゲル
実数値:193-x-134-120-126-80
・ねっとう ・れいとうビーム 
・じこさいせい ・ちょうはつ

NNの由来は、好きなヴィジュアル系バンドDELUHIの代表曲「Vivid place」から。

残飯の回復量を最大にとり、挑発を入れることで無限グライオンへのごまかしとした枠。バンギに冷凍パンチ、ドリュウズにアイアンヘッドが無いのでグライオンが重いんです()
また、パーティ全体で重いバシャーモへの対策でもあります。一応補完的にはブシンへの対策にもなりますが、交代読みかみなりパンチを受ける耐久値はこいつには無いのでブシンは素直にムドーでごまかすかラティで吹っ飛ばすか、という不安定さを抱えています。キノガッサにも弱いし、ぶっちゃけ全然選出しません。
ただ、クレセリアや場合によってはスイクンへのごまかしにもなるので、一定の条件下では選出することもままあります。でもやっぱり置物。

個人的にブルンゲルは♂以外ありえない。


●ラティオス
実数値:155-x-101-182-130-178
・りゅうせいぐん ・サイコキネシス 
・トリック ・ひかりのかべ

NNの由来は2009年に戯画から発売されたエロゲ「BALDR SKY」から。登場キャラで一番好きなのはシゼルさんとノイちゃんです。メインではレイン一択。

ジュエル流星群で相手を吹き飛ばした後に壁を貼って倒されて、キノガッサの起点構築を行うけなげな男の娘。
パーティの性質上ブシンガッサがハイパー重いのでドヤ顔サイキネを採用しています。悲しいことに打つ機会がけっこう多い。うーむ





構築記事は以上となります。試験的なポケモンが多かった。これからの構築です。

これでPDF杯の予選で使用した構築の記事はすべて書き終えたことになります。
はじめて組んだこのバンドリの構築がうまいことハマって良い結果に結びついたことは素直に嬉しく思っています。正直、予選の試合中、バンギで無償で舞えた瞬間にガッツポーズを決めていました(

ぼく自身はまだまだにわかの抜けない穴だらけの構築の使用者ですが、それでもなんとかPDF杯シンオウブロック、3戦全勝というこれ以上ない最高の結果をたたき出すことができて本当に嬉しく思っております。

これから多忙な日々へと突入しますゆえ、動画の更新頻度はこれまで以上に落ちてしまうとは思いますが、レーティングやでんじほう羽根休めなど、面白い企画や対戦動画を投稿できればと思っていますので、長らくのご愛眼、なにとぞよろしくおねがいいたします。

対戦動画を彩りよく仕上げてくださった、対戦相手のb-999さん、対戦ありがとうございました。

昨日の敵は今日の友。

バトルしようぜ、ポケモンバトル!

本記事がどなたかのお力になれれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

11n調整の意味をよく理解してから記事を書くことをお勧めします
プロフィール

てのり

Author:てのり
激しい音楽が好きです。
小説も書いて新人賞に投稿したりしてます。
ときどき動画もあげてます。

カテゴリ
twitter
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。